2 Love It
保存する

東京、持ち帰り焼き餃子10選

焼くも良し、茹でるも良し、晩のおかずには専門店の味を

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、持ち帰り焼き餃子10選

テキスト:Takeshi Tojo

老若男女問わず支持されるおかずといえば、そう、餃子。中華料理店のほか、近頃はこだわりのオリジナル餃子を提供する餃子専門店も数多い。夕飯のおかずに一品加えたいという時におすすめしたいのが、そんな専門店の持ち帰り餃子だ。焼き餃子はそのままフライパンで再加熱するのも良し、生餃子を茹でて水餃子にすれば、店頭で味わうのと同じように、皮のもっちり感をそのまま楽しめる。仕事帰りや散歩のついでに立ち寄り、名店の味を食べくらべてみてはいかがだろう。

白龍

目白通りを少し入ったところにある餃子専門店。オリジナルの『白龍餃子』をはじめ、『セロリ餃子』や『しそ餃子』など10種近くの手作り餃子を楽しめる。定番はモチモチの皮でジューシーな餡をひだも作らずに包んだ『白龍餃子』(にんにく抜き)と、ニラが練りこまれた『青龍餃子』。香辛料の入った独特の餃子はそのままでも美味しいが、オリジナルの豚醤油も試しておこう。ランチメニューの『魯肉飯&ぎょうざ定食』も人気だ。

詳細情報
神楽坂

スヰートポーヅ

神保町駅を出てすぐ、商店街の一角にある。創業昭和11年の老舗だ。メニューは焼き餃子、水餃子、天津包子の3種類。棒状の焼き餃子は、肉汁が染み出るよう両端が空いており、厚みのある皮がその肉汁を吸うことで味わいが増している。ニンニクを使っていないのも特徴。ラー油も置いておらず、唐辛子をかけるスタイルだ。人気店だけに、時間帯によっては売り切れもあるので注意を。

詳細情報
神保町

くりばやし 本店

えんじ色の看板が目印の、府中駅近くにある餃子の持ち帰り専門店。厳選した素材を使用し、ひとつひとつ丁寧に作られる昔ながらの手作り餃子を堪能できる。看板メニューのビックサイズの『オリジナル餃子』は、ニンニクとニラを存分に堪能できる王道の味わい。より強烈な、ニンニク倍増の『スタミナ餃子』を目当てに訪れる客も多い。ニンニクが苦手という人は、ミニサイズの『肉ニラ餃子』がおすすめだ。

詳細情報
府中

ファイト餃子

都電荒川線・庚申塚駅のほど近く、商店街沿いにある。ホワイト餃子チェーンの系列店。やや大きめのサイズと丸い形が特徴だ。油と水を使ってカリカリに焼き上げるため、出てくるまでに15分ほどかかる。やはりこの餃子は、そのさっくりとした食感を楽しんでほしい。味付けは淡白なので、いくつも食べられる。餃子のほか、ラーメンやチャーハンなども提供している。

詳細情報
巣鴨

西荻餃子

西荻南口仲通り商店街にあるテイクアウト専門の餃子店。『焼き餃子』、『ニラ餃子』、『しそ餃子』などの手作り餃子を提供。餡は挽肉と野菜が1:2.5の比率で作られており、家庭的な素朴な味わいだ。なんといっても、各餃子すべて8個350円という手頃さが嬉しい。『生餃子』を茹でて水餃子にすれば、もっちりとした皮が存分に楽しめる。

詳細情報
西荻窪

餃子荘 ムロ

高田馬場駅、戸山口を出てすぐの場所にある。昭和の雰囲気が色濃く残る店だ。餃子は小ぶりで、ふつう、カレー、にんにく、紅(唐辛子)、チーズ、ラーチャン(中国製腸詰)の6種類を提供している。“ふつう”は、豚挽き肉と白菜が入っており、八角が独特の後味に仕上げている。このほか、五目焼きそば、チャーハン、空芯菜炒めなどのメニューも提供している。全体的に、値段は少し高めだ。

詳細情報
高田馬場

餃子のニューヨーク 大手町店

立川にある人気餃子店が、2012年11月、大手町のオフィスビル地下に支店をオープン。店に"ニューヨーク"の面影はなく、いたって普通の大衆居酒屋といった具合。焼、水、揚と選べる定番の『手打ち餃子』は、毎回1個おまけを付けてくれるのが嬉しい。もっちりとした皮で包まれた餡は、ほのかに香草の風味が感じられる独特の味わい。『手羽先餃子』、『パクチー餃子』、『上海蟹餃子』など、変わり種の餃子も充実している。

詳細情報
大手町
【閉店】ちびすけ 赤坂本店

【閉店】ちびすけ 赤坂本店

赤坂駅を出て日枝神社方面へ、ほどなく左に曲がってすぐ、左手側の地下1階にある。大阪発祥といわれる一口餃子を扱う店。焼き餃子は小ぶりな一口サイズで、パリっと羽根つきで焼きあげている。薄皮だがもちもちとした食感で、食べ応えがある。具の肉は、プレミアム豚である今帰仁あぐーを使用。このほか、しそ、チーズ、海老、帆立入りや、水餃子や揚げ餃子なども提供している。新宿に支店もある。

手作り点心 また明日。

中野ブロードウェー 地下1階にある点心の専門店では、ニンニク抜きの『ニラギョーザ』、ガツンとニンニクが効いた『スタミナギョーザ』、そして水餃子を提供。和豚もちぶたを使用した餃子は、頬張った瞬間に肉汁がこぼれるジューシーな仕上がり。冷えたままでももちっとした皮の食感と、しっかりとした肉の旨味が感じられる。店内には狭いながらもイートインスペースがあり、購入した商品をその場で食べることもできる。

詳細情報
中野

東京餃子楼 三軒茶屋本店

三軒茶屋駅を出て世田谷通りを西へ、5分ほどの場所にある。店名にあるとおり、餃子を専門に扱う。餃子は焼き餃子と水餃子の2種類。それぞれに、にんにく、ニラ抜きも用意されている。焼き餃子のサイズはやや小ぶりで皮は薄め。具は、豚挽き肉、白菜、キャベツを用いた非常にシンプルなもの。だがジューシーでコクがあり、絶妙な味わいだ。もやし、キャベツ、キュウリなどのサイドメニューも完成度が高い。焼き餃子1皿290円という価格も魅力のひとつだ。茶沢通り沿いに支店もある。

詳細情報
三軒茶屋

コメント

0 comments