ルドンとその周辺 - 夢見る世紀末

0 Love It
保存する
ルドンとその周辺 - 夢見る世紀末

オディロン・ルドン(1840-1916)は、印象派を初めとする画家たちの関心が外界の情景描写に向けられていた時代に、夢の世界に無限の可能性を見出した画家。本展では、ルドンに影響を与えたモローやブレスダン、ファンタン=ラトゥールやゴーギャンなどの同時代人、あるいはルドンの影響を受けたドニを始めとするナビ派など、ルドンに先駆け、後を受け継いだ画家たちを併せて概観することができる。また、本展覧会の開催に合わせ、三菱一号館美術館が新規収蔵したルドンが描いた最大級のパステル画、“グラン・ブーケ(大きな花束)”も公開される。

イベントのウェブサイト http://mimt.jp/redon2012
LiveReviews|0
NaN people listening