4 Love It
保存する

東京、VRの楽しめるスポット

池袋、秋葉原、お台場で、360°映像の世界に飛び込む。

2016年、「VR元年」を迎え、東京には次々とVR(ヴァーチャルリアリティ)を楽しむスポットやイベントが誕生している。ゲームや映画、疑似体験など、ヘッドマウントディスプレイを装着すれば、どんなところにでも連れていってくれる。たとえばアイドルのライブ会場や、エジプトのピラミッド、SFアニメの世界だって可能だ。360°映像の世界に没入するこの技術は、我々の生活をどんどん変えていくだろう。数年のうちに視覚や聴覚だけでなく、触覚まで体感できるようになるといわれている。この技術をまだ体験したことがないという人に、ぜひ勧めたいスポットを紹介する。

ドスパラVRパラダイス

BTOパソコンなどを扱うドスパラが運営するスペース。複数のブースがあり、アトラクティブなゲームから、癒し映像まで、常時数種類のコンテンツを試遊することが可能だ。試遊と言えど、周りの視線をじわじわと感じる家電量販店などのそれとは異なり、30分の間は自由に遊べるというのが魅力だ。完全予約制だからこそ可能なシステムと言えよう。VRデビューをするなら、ぜひ勧めたいヴェニューだ。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD):HTC Vive

詳細情報
秋葉原

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台

サンシャインシティ内にある、東京の街を一望できる展望台。VRコンテンツは2つ。1つは、人間大砲になった気分で、未来の東京の街を旅する『TOKYO弾丸フライト』。もう1つはブランコに乗って、同じく未来の東京を巡る『スウィングコースター』だ。海抜251mから未来の東京に遊びに行こう。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD):HTC Vive

詳細情報
池袋

G-Tune : Garage

マウスコンピューターが展開する、『G-Tune』ブランドのゲーミングパソコンを扱う専門店。オキュラス社のヘッドマウントディスプレイ、『Oculus Rift』を試遊できる。用意された数種類のコンテンツから好きなものを選択する。時間はおよそ20分。ヘッドホンとHMDは別々のため、少し重く感じるかもしれないが、椅子にもたれかかればまったく問題ない。360°回転可能な椅子なので、いろんな角度を見回して、VRの世界を堪能しよう。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD):Oculus Rift

詳細情報
秋葉原

ZERO LATENCY VR(東京ジョイポリス内)

おすすめ

ジョイポリスに、HMDを装着し、動き回りながらゲームを行う、フリーローミングのアトラクションが登場。最大6人のグループでのプレイが可能だ。自身と仲間との距離を考えながら手足を動かすことで、よりリアルなVR体験を味わえるだろう。プレイできるソフトは時期によって異なるので、ホームページから確認して予約して欲しい。

ヘッドマウントディスプレイ(HMD):OSVR HDK

詳細情報
お台場

コメント

0 comments