0 Love It
保存する

東京、かき小屋

春は牡蠣三昧。新宿、浅草、築地、お台場、立川で焼く。

2014年に常設店が続々と開店したかき小屋だが、旬を迎える冬から春にかけては、広島や東北の牡蠣を味わえる期間限定のかき小屋も数多くオープンする。本記事では、期間限定と常設のかき小屋をあわせて10軒紹介する。かき小屋ならではの開放的なロケーションの店舗もあるので、眺望や春の訪れを楽しみながら、「海のミルク」を食べ尽くしてみてはいかがだろうか。

かき小屋 新橋

新橋駅前の高架下にあるかき小屋。大網を囲みながら、牡蠣をはじめ、海の幸を思う存分食べられる。飲み物の持込が可能(持込料1人600円)で、万が一、飲み物がなくなったら近くのコンビニに駆けつけてもよい。土日祝日の12時~16時は予約制で100分間の焼き牡蠣食べ放題も実施している。新橋のほか、恵比寿祐天寺中野高円寺にも系列店がある。 

詳細情報
新橋

新宿居酒屋 牡蠣 浜焼きセンター

新宿のど真ん中で、年間を通して新鮮な海の幸を堪能できる浜焼き店。ボリューム満点の『焼きカキ』は600gで1,200円。人気の『浜焼き盛り合わせ』(1,200円)は、活サザエや活ホタテ、大海老の3種が楽しめる。『生カキ』もあり、アルコールはカクテル、ウイスキー、ワインに焼酎など、各種揃えているので、オイスターバー感覚でも利用できる。

詳細情報
新宿

牡蠣小屋浜焼番兵

牡蠣を中心に、帆立や蛤など、能登から直送された新鮮な海の幸を、活けの状態のまま炭火で食すことができる浜焼き店。6個で2,100円、10個で3,200円の牡蠣は、ハリのある歯ごたえが魅力だ。そのほか、時価で提供される『帆立』や『大はまぐり』など、鮮度抜群のメニューが楽しめる。

詳細情報
仙川

築地牡蠣センター カキ小屋

築地場外に静岡沼津で人気の牡蠣専門店。産地から直接買い付けた牡蠣を、生はもちろんのこと蒸し焼きなど様々な調理法で提供する。中でも、漁師直伝の浜料理で一斗缶で牡蠣を酒蒸しにする『がんがん焼き』は白ワインにぴったり。牡蠣以外の季節の貝や『カキ釜飯』や『しらす釜飯』などもぜひ味わって欲しい。

詳細情報
築地

コメント

0 comments