2 Love It
保存する

東京で味わう本場の豚丼10選

厚めに切ったロースやバラ肉に甘辛いタレをかけた十勝、帯広の名物

豚大学
Text by Takeshi Tojo

豚丼といえば、牛丼チェーンのそれを思い出す人も多いだろう。だが、それはあくまでも牛丼の代わりに生み出された一品でしかなく、本来の豚丼からはかけ離れたものだ。やはり豚丼といえば、北海道は十勝地方、帯広の名物。厚めに切ったロースやバラ肉に甘辛いタレをかけ、それを白米の上にどっさりと乗せたもの。ここでは、牛丼チェーンとは違う、本場の豚丼を出す10店を紹介する。
※2015年6月24日に情報アップデート

御茶ノ水 炭焼豚丼 豚野郎

メニューは豚丼、サイドメニュー、ビールとシンプル。豚肉は肉厚で、炭火で焼き上げているため香ばしい。特製の甘辛いタレとネギを合わせて食べる豚丼はとても美味い。サイズは大中小とあるが、米、豚肉ともにボリュームがあるので、あまり食べるほうでなければ、小でも十分に満足できる。また、豚丼に「あご出汁」をかける炭焼豚茶漬けも提供している。店内はカウンターメインで、煙も充満するので、男性客が多い。

詳細情報
御茶ノ水

戸越銀座 とんたん

豚の肩ロースをじっくりと炭火で焼き上げ、甘辛いタレで仕上げた帯広風の豚丼がメイン。豚肉には焼き目がついており香ばしく、プルプルとした脂身の歯ごたえがいい。豚肉のボリュームにより、松、竹、梅、小盛に分かれており、テイクアウトも行っている。わずかではあるが、サイドメニュー、酒、デザートなども揃っている。

詳細情報
戸越銀座

新橋 豚大学

新橋駅の目の前、ニュー新橋ビル1階にある豚丼の専門店。豚丼は、小500円、中650円、大810円、その上に別格、総重量1000gの特大1,020円がある。これらに味噌汁、茶漬けセットなどをつけることが可能だ。入り口で食券を購入して注文、カウンター席の向こうで豚バラが焼き上げられ、10分ほどで提供される。常識の範囲を超えた名物の特大は、豚バラを敷き詰めた肉の花。味付けは、濃厚で甘みの強い甘辛ダレとニンニク。まさに男のためのどんぶりだ。かき込むべし、残すべからず、などの五箇条があるので、自信がなければ通常サイズを。

詳細情報
新橋

板橋 豚丼 白樺

新宿に店を構える豚丼の名店、白樺が移転。なぜだかは分からないが、都営三田線『板橋区役所前』駅という、辺鄙な場所にだ。「風変わり」な店長は健在で、やや広くなった店内のキッチンで腕をふるっている。なぜか天丼も始めたようだが、もちろん、豚丼も提供している。甘辛く濃い味付けではあるが、さらっとしてしつこさのないタレは昔どおり。焼き上げられたロースにはパラパラと山椒が振りかけられている。全体的にバランスは良いが、焦げた風味がないのが少し残念ではある。

詳細情報
板橋区

御徒町 十勝DINING 帯広本格豚丼 豚っく

豚肉をメインに扱うダイニングバーで、豚料理をはじめ、北海道を感じさせるメニューを取り揃えており、酒も豊富に揃っている。店内はこじゃれたバーを思わせるような内装で、そしてシェフは黒いコックスーツに身を包んでいる。ここで味わうならやはり豚肉、そしてその豚肉を使った豚丼だ。肉はロースかバラを選べ、並以上はハーフ&ハーフにすることも可能。焼き、タレ、脂身、肉質のバランスはとても良いが、やや高めな価格が気になるところではある。

詳細情報
御徒町

用賀 ブタリアンレストラン

用賀駅から徒歩10分ほど、閑静な住宅街に佇む豚料理専門店。しゃぶしゃぶ、しょうが焼き、角煮など、様々な豚料理を取り揃えているが、名物はランチメニューにも並ぶ豚丼だ。豚肉は『米澤豚一番育ち』の霜降りロースとバラ肉を使用。甘辛いタレをたっぷりとしみ込ませ、備長炭で焼き上げる。ランチタイムは、豚汁か赤出し、漬物が付いて880円という価格も嬉しい。

詳細情報
用賀

人形町 ぶたいち

本場、帯広駅に店を構える「ぶたいち」が、人形町の北海道居酒屋、海のごちそう産直居酒屋 北海道番屋のランチ時のみオープン。11時00分から豚丼を提供する。豚肉は北海道産を使用、バラとロースを北海道産の昆布や丸大豆醤油などを配合した特製タレに漬け込み熟成させる。それを炭火で焼き上げれば完成だ。メニューは、ロース、バラ、ミックスの3種類。それらに特上が用意されており、肉の枚数に差があるレギュラー、大盛、特盛、小盛を用意。また持ち帰り用の『豚丼弁当』も販売している。

詳細情報
日本橋

赤羽 和とん

JR赤羽駅から徒歩10分ほど、工場が立ち並ぶ志茂一丁目交差点の近くにある豚丼の専門店。小さな店だが豚肉にはこだわりがあり、飼料、品種、管理、育て方にこだわった『米澤豚一番育ち』を使用している。甘辛タレをつけ炭火で焼き上げられた豚は、柔らかな肉質の豚と、香ばしさが楽しめる一品だ。

詳細情報
赤羽

錦糸町 帯広亭

錦糸町駅南口を出てすぐ、ピア錦糸町に入り左手側にある帯広亭 錦糸町駅前店。「帯広」と看板に掲げながら、ラーメン、餃子、天津飯など中華料理店のメニューが多い不思議な店だが、名物メニューが豚丼ということであればそれも納得。その豚丼は、熟成ロース肉を炭火でじっくりと香ばしくなるまで焼き上げた十勝、帯広スタイル。

詳細情報
錦糸町

品川 ホエーどん亭

品川駅高輪口を出てすぐ、人気どんぶり店が集まる「どんぶり五人衆 品達」の一角に店を構えるのが、ホエーどん亭 品川店だ。チーズを作る際に出るホエー(乳清)を飲ませて飼育したホエー豚を使用した豚丼が売り。タレの味付けはあっさりとしており、肉は薄く、さらっとかき込むには最適。味が悪いわけでもなく、値段が高すぎるわけでもないので、手軽に豚丼の雰囲気を味わうなら悪くない。花畑牧場が手がけているとのことだが、かつて青山にあったホエー豚亭とは別の店と考えたほうがいいだろう。

詳細情報
品川

コメント

0 comments