没後100年 宮川香山

アート, 陶芸
0 Love It
保存する
kozan1
1/3
kozan2
2/3
kozan3
3/3

今年で没後100年を迎える陶芸家、初代宮川香山(みやがわこうざん)の展覧会。明治から大正にかけて活躍した香山は、欧米諸国の趣向に応える新たな美を創り出すことに尽力した。彼が生み出した、陶器の表面をリアルな浮彫や造形物で装飾する高浮彫の作品は、思わず様々な角度から見たくなるような立体感だ。欧米を感嘆させた明治陶芸の名手、その超絶技巧の魅力に迫る。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening