万博記念公園

  • Things to do
  1. 太陽の塔
    写真提供:大阪府
  2. 生命の樹
    写真提供:大阪府
  3. パビリオン内観
    写真提供:大阪府
広告

タイムアウトレビュー

1970年に開催された「日本万国博覧会(大阪万博)」の跡地を整備した公園。敷地は自然文化園と日本庭園の2つのエリアに分かれており、岡本太郎による「太陽の塔」のほか、「大阪日本民芸館」「国立民族学博物館」などの文化施設、アスレチックが楽しめる遊具などがある。

太陽の塔の内部は、大阪万博閉幕後、長い間扉を閉ざしていたが、2018年3月より一般公開されるようになった。塔内では、復元された「地底の太陽」や、高さ約41メートルの「生命の樹」などを見ることができ、岡本太郎の偉大さを改めて感じることができるだろう。内部見学は予約優先で、こちらから予約することができる。

また、園内に残る「EXPO'70 パビリオン」は大阪万博で人気を博したパビリオンの「鉄鋼館」を利用した施設。「スペースシアター」では、当時の最新技術による音楽とレーザー光線によるショーが行われていたそう。その時代をほうふつとさせるダイナミックな演出には、タイムスリップした気持ちになれるはずだ。

水曜休園(4月1日~ゴールデンウィーク、10〜11月は無休)。自然文化園と日本庭園の共通入園料は大人が260円、小・中学生が80円だ。ただし、太陽の塔の内部見学は720円(小・中学生は310円)、EXPO’70パビリオンへの入館は210円(高校生以上)の別途料金がかかるので注意してほしい。

関連記事
大阪、48時間でできること

詳細

住所
大阪府吹田市千里万博公園
Osaka
アクセス
大阪モノレール彩都線『公園東口』駅 徒歩5分/大阪モノレール本線・彩都線『万博記念公園』駅 徒歩5分
営業時間
9時30分〜17時00分/入園は閉園の30分前まで/定休日は水曜(祝日の場合は翌平日)
広告
関連情報