ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015

0 Love It
保存する
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015

今やゴールデンウィークの恒例となった『ラ・フォル・ジュルネ』も、今年で11回目を数える。とかく敷居が高いと思われがちなクラシック音楽を、より身近に気軽に楽しめるように、様々な工夫を凝らしている。プログラムのなかには、楽器体験や乳幼児同伴可能な演目、展示スペースや飲食の場を設けるなど、ほかに類を見ない。 毎年コンセプトを決めて開催されるが、今回のテーマは「パシオン~恋と祈りといのちの音楽」。
恋ほど創作の原動力になるものはない。そこには、作曲家の言葉に表せぬ情念が託されている。祈りと音楽も不可分だ。「パシオン(Passion)」には「受難」という意味もある。人は平和や幸福への祈りを多くの歌にしてきた。いのちの躍動そのものといえる音楽に触れることで、生きる喜びや魂の叫びが聴こえてくるだろう。 『ラ・フォル・ジュルネ』の最大の魅力は、これら演奏を手頃な価格で聴けることだ。また、バロックから古典、ロマン派から近現代音楽まで、守備範囲が広いのも特筆に値する。プロデューサー、マルタンのパシオン(情熱)が満ちた、熱狂の3日間になりそうだ。 


イベントのウェブサイト http://www.lfj.jp/lfj_2015
LiveReviews|0
NaN people listening