ドクター・ジョン&ザ・ロウワー・911

0 Love It
保存する
ドクター・ジョン&ザ・ロウワー・911

ニューオーリンズの重鎮、「白い呪術師」ことドクター・ジョンがビルボードライブに降臨。1967年『グリ・グリ』でデビュー。その後1972年に発表された『ガンボ』では、マルディグラ・インディアンを題材にした「アイコ・アイコ」などニューオーリンズを代表する楽曲の数々を鮮やかに蘇らせた。陽気なセカンド・ラインのリズムの上で軽快に転がるピアノの音色、独特のしゃがれた歌声、40年以上精力的に活動を続ける“ニューオーリンズの生き証人”を真近に体感できる貴重なステージ。