代々木公園フリーマーケット

ショッピング
0 Love It
保存する
代々木公園フリーマーケット

日本のフリーマーケットは、1981年に『リサイクル運動市民の会』が、『Flea Market(蚤の市)』を『Free Market』と言い換え、代々木公園でリサイクルイベントを開催したのが始まりとされている。現在では、さまざまな運営会社が、代々木公園でのフリーマーケットを開催。カジュアルな衣服や、アウトドア用品、ブランド商品など、800店ほどが出店している。出店者にも、来場者にも、若い人が多いため、比較的、商品の値段が安いのが特徴だ。