生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

0 Love It
保存する
生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

江戸時代中期の京都を生きた、2人の天才絵師を特集した展覧会がミッドタウン内、サントリー美術館で開催。空想と写実を巧みに合わせた画風で「奇想の画家」とも言われる伊藤若冲は、彩色鮮やかな花鳥図やどこかユーモラスな動物を描いた水墨画で知られている。絵画だけでなく俳諧の分野でも高名な与謝蕪村は、簡単な筆遣いで俳句と絵が響き合う快活な俳画を得意とした。これら個性的な画風を確立させた絵師たちが生まれたのは1716年。琳派の始祖たる尾形光琳が没した年でもある点で、日本美術史における象徴的な時代と言えよう。若冲と蕪村の生誕300年を記念して開催する本展では、代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとともに、同時代の関連作品を加えて展示する。活気溢れる往時の京都が窺い知れる展覧会だ。

イベントの電話番号 03 3479 8600
イベントのウェブサイト http://www.suntory.co.jp/sma