新印象派 -光と色のドラマ

0 Love It
保存する
新印象派 -光と色のドラマ

「新印象派」に注目し、その誕生からの約20年間の流れを時間軸に沿って紹介する展覧会。直接的なルーツとなる印象派のモネに始まり、新印象派の幕開けとも言える記念碑的大作『グランド・ジャット島の日曜日の午後』のジョルジュ・スーラなど、年代順に登場する24人の画家の作品を通して絵画史を追体験できる。印象派の画家たちが経験的、感覚的に実践した筆触分割を、科学的な理論でもって発展させていく過程や、点描技法の国際的な広がり、理論を継承しつつもより自由で色彩豊かに変化していく作品群、それらから少なからず影響を受けたマティスやドランらのフォーヴィスムに至るまでの、時代の流れが分かりやすく紹介される。20世紀絵画の1つの源泉を知る絶好の機会だ。また、展覧会来場の記念となるワークショップ(3月7日)や、記念コンサート(3月14日、20日、24日/各回2,100円、全席自由)など関連イベントも開催。

イベントの電話番号 03 5777 8600
イベントのウェブサイト http://neo.exhn.jp