戦後日本住宅伝説

0 Love It
保存する
戦後日本住宅伝説

八王子の小さな美術館で開催される、戦後日本を代表する建築家が設計した住宅作品の展覧会。日本の高度経済成長期にあたる、1950年代から70年代までの個人住宅には、傑作といわれる作品が数多く存在し、それらは今日の建築家にも大きな影響を与えている。本展は、そうした時代に手がけられた、いわば伝説といえる16の住宅作品について、16人の建築家のコンセプトとともに紹介するもの。日本の近代建築の立役者、丹下健三による設計の1953年の作品にはじまり、現代日本を代表する伊東豊雄の『中野本町の家』と安藤忠雄の『住吉の長屋』まで、様々な住宅が取り上げられる。世界的に見ても、特異な環境から発展を遂げた戦後日本の住宅。そのなかでも、最も熱い視線が注がれた時代の16の住宅作品を同時に眺めてみることは、現代に住む我々に新たな「住」の視点を見出す機会を提供してくれるだろう。

イベントの電話番号 042 621 6777
イベントのウェブサイト http://www.yumebi.com