大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年

0 Love It
保存する
大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年

エルミタージュ美術館はロシアのサンクトペテルブルクに位置し、ロマノフ王朝の歴代皇帝の宮殿からなる建物と、300万点を超える所蔵作品とが見事な調和を織りなす美術館。この展覧会では、そんな同館の優れた所蔵品の中から、16世紀から20世紀初頭における西欧美術の「顔」ともいうべき名作が、その世紀を象徴するキーワードを軸に紹介される。

16世紀=人間の世紀、17世紀=黄金の世紀、18世紀=革命の世紀、19世紀=進化する世紀、そして20世紀=アヴァンギャルドの世紀。各世紀を彩るのは、ティツィアーノ、ルーベンス、レンブラント、ブーシェ、レノルズ、モネ、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソら83作家の作品、全89点。まさに400年にわたる西欧絵画の歴史をたどる豪華ラインナップといえる。

イベントのウェブサイト http://www.ntv.co.jp/hermitage2012/english