マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝

0 Love It
保存する
マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝

17世紀オランダ・フランドル絵画の世界的コレクションで知られる、オランダ・ハーグのマウリッツハイス美術館から、選りすぐった名品約50点を紹介。最大の注目は、世界的なフェルメール・ブームのシンボル的存在「真珠の耳飾りの少女」だ。最初期の作品「ディアナとニンフたち」とあわせて、2点のフェルメールが出品される。そのほか、フランス・ハルス、ルーベンス、ヤン・ブリューゲル(父)らの作品も並ぶ。本展は、2010年から改修で休館していた東京都美術館の、リニューアルオープン後、第一弾の特別展となる。

イベントのウェブサイト http://www.asahi.com/mauritshuis2012/english