ベスト・オブ・ザ・ベスト

0 Love It
保存する
ベスト・オブ・ザ・ベスト

新築工事のため2015年5月18日(月)より長期休館となるブリヂストン美術館の、休館前最後の展覧会。創設者、石橋正二郎の収集から出発する石橋財団コレクションは、現在約2500点にも上る。そのうち約1600点が東京のブリヂストン美術館で管理されている。本展では、同館蔵のコレクションからベストセレクション、合計160点が紹介される。
印象派を代表するルノワールの出世作『すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢』は、同館のティールームの名前の由来ともなった人気作だ。そのほかにも、ピカソの新古典主義時代を代表する作品や、印象派画家たちの経済的支援者としても高名なカイユボット、同コレクションの出発点ともなった伝説的な洋画家の青木繁など、同館に縁の深い名作が堪能できる。

イベントの電話番号 03 5777 8600
イベントのウェブサイト http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibitions/2015/190