のぞいてびっくり江戸絵画

0 Love It
保存する
のぞいてびっくり江戸絵画

江戸時代後期、視覚に対する常識を一変させる光学装置が生活に取り入れられ、驚きに満ちた江戸絵画が多数制作された。本展では、西洋の遠近法を用いた風景図や、顕微鏡による知見を取り入れた拡大図、鏡や水面に映る映像、および影絵など、その面白さに注目した作品を紹介。江戸時代後期に花開いた新しい視覚文化を、小田野直武、司馬江漢、葛飾北斎らの作品を通して展観する。

イベントの電話番号 03 3479 8600