2 Love It
保存する

東京、東エリアのギャラリー15選

アートギャラリーが増加中の東エリアを巡る

歩くだけでも、情緒溢れる東京の東エリア。元からあった建物を改装して作られたギャラリーが多く点在し、そのスペースに行くことだけでも楽しめる場所が多い。そんな、DIY精神溢れる東東京のギャラリーを巡ってみよう。

YUKA TSURUNO GALLERY

2009年に文京区にギャラリーを開廊し、2013年3月、江東区東雲に開設されたアートスペース TOLOT/heuristic SHINONOME 内に拡大移転。「コンセプト、コンテクスト、クオリティー」を重視し、独自の表現で挑戦し続ける国内の若手作家のほか、ホセ・パルラやティム・バーバーなど海外の要注目作家の展示を行う。

詳細情報
品川

3331 Arts Chiyoda

旧練成中学校の校舎を利用した大型のアートスペース。かつての教室にはアートギャラリーなどが入居しており、様々な展示が行われている。屋上や体育館では、年間を通じてイベントやワークショップを実施。また、エントランスと隣接した公園は一般にも開放しており近隣の人々の憩いの場ともなっている。施設名に含まれている「3331」とは、「イヨーオ」の掛け声に続き、3度、3度、3度、1度と手を打つ日本の風習、『江戸一本締め』を数字表記したもの。 特集記事 東京でしかできない88のこと

詳細情報
末広町

銀座奥野ビル306号室プロジェクト

80年以上前に建てられた画廊やギャラリーが入る奥野ビル。手動式エレベーターや古い大時計、時が止まってしまったかのようなこのビルの3階にある旧美容室の看板を掲げている多目的アートスペース。『カフェ美容室』や『バー美容室』という、テーマに沿って集まったメンバーで語りあうトークイベントや展示が、不定期で開催されている。銀座でタイムスリップした気分を味わえる希有な場所だ。

詳細情報
銀座

ギンザ グラフィック ギャラリー

グラフィックデザイン専門のギャラリー。日本最大の印刷会社である、大日本印刷株式会社が所有しており、コンテンポラリーデザインとグラフィックアートが多数展示されている。横尾忠則などの日本人デザイナーの作品が目を引くが、海外アーティストの作品も度々展示されている。

詳細情報
銀座

SCAI THE BATHHOUSE

おすすめ

銭湯を改築して作ったギャラリー。建物は築200年以上という古さだ。天井が高く、上野公園の近くとあって環境もいい。現代日本アーティスト宮島達男やリー•ブル、ジュリアン・オピーなどの海外の熟練家の作品を展示している。 Amazon.co.jp ウィジェット

詳細情報
谷中

GALLERY MoMo Ryogoku

2008年に両国にオープンした現代美術ギャラリー。時代性を反映した、ユニークな個性を放つ若手アーティストを中心に紹介している。次世代アーティストの発掘と支援に努めており、無名、有名問わずに若手アーティストを紹介しているのが特徴。六本木には『GALLERY MoMo Roppongi 』があり、より多くの作家やキュレーターの発表の場となるプロジェクトスペースを目指している。

詳細情報
両国

WALLS TOKYO

文京区、小石川植物園入口向かいにあるギャラリー。インターネットで販売している作品の実物を確認し、購入を検討することができる。ストリート系やコンテンポラリーの若手作家から大御所の作品まで幅広く取り扱っている。

詳細情報
白山

浅草橋天才算数塾

アーティストのプロデュース、CD、本、カセットなどのリリース、イベントの企画など幅広い活動を行う、セクシーキラーが運営する、ギャラリー兼イベントスペース。浅草橋天才算数塾という名のとおり、当初は実際にインド式算数塾の教室も開いていた。建物の1階にはキッチンスペース、カウンターなども備え、アイディア次第で様々なイベントを開くことができる。過去には、カレーパーティー、落語、DJ、ライブ、展示などが個性的なメンバーにより行われている。

詳細情報
浅草橋

gallery αM

武蔵野美術大学が運営するギャラリー。毎年度ゲストキュレーターを迎えて、独自のテーマに基づいた企画展を行っている。作品の売買によって運営するコマーシャルギャラリーとは違って、いわゆるノンプロフィット(非営利)の形態をとっており、純粋に展示の企画内容と美術作品のおもしろさを楽しめるという数少ない場所である。これまでに若手~中堅どころの作家が質の高い展示を行っており、鑑賞者としては現代美術の先端に気軽に触れられるのが嬉しい。もともとは20年前に吉祥寺に開設、2002年にクローズして以降は特定の場所を持たずにプロジェクト活動を継続し、2009年から馬喰町にギャラリーを新設した。界隈はここ数年でギャラリーやクリエイターの事務所が集まっており、アート鑑賞ツアーをするのにも最適なスポットとして注目されている。

詳細情報
馬喰町

TE TO KA

神田の古屋をセルフリノベーションした、夕方からオープンするのんびりとした雰囲気の漂うカフェギャラリー。ワークショップやアーティストと交流ができるDJパーティーなどのイベントも開かれ、過去には河村康輔、ワビサビなどのアーティストが展示をした。カフェのメニューも豊富で、ハーブ香、スパイス香、薬草香が入った『姫野さんのスパイシー珈琲』や手作りケーキ、アルコール、軽いつまみなどを揃える。

詳細情報
神田
もっとみる

コメント

0 comments