0 Love It
保存する

今日しかできないこと:10月2日(日)

おでん始めする。ー10月2日は豆腐の日

おでん始めする。ー10月2日は豆腐の日

「とう(10)」と「ふ(2)」の語呂合せから、10月2日は豆腐の日。1993年に日本豆腐協会によって制定された。今日は浅草にあるおでん専門店、大多福へ行こう。大正時代から同地で店を構える老舗では、大根やはんぺん、卵といった定番から、『海老ばくだん』や信田巻といったあまり見かけない具を食べることができる。豆腐は焼き豆腐と高野豆腐の2種類。今年のおでん始めをしに行ってはいかがだろう。

大多福の詳しい情報はこちら

先週1週間で最も読まれた記事ベスト3

東京、ベストカフェ50

タイムアウト東京 > レストラン&カフェ > 東京、ベストカフェ50 コーヒーが日本に伝わったのは江戸時代と言われており、黒船来航以降、徐々にコーヒーは庶民にも広がっていった。そして、時代の移り変わりとともにカフェ文化は独自の進化を遂げている。この特集では、星の数ほどある東京のカフェのなかから、サードウェーブのブームによって新たに生まれたコーヒー専門店、カフェの歴史に名を残す老舗から、古民家、和カフェなどテーマのあるカフェなど50軒紹介する。コーヒーや紅茶、フード類が美味しいことはもちろん、心地の良いひとときを過ごせるカフェを中心にピックアップ。街歩きで疲れた足を休めることや、友人との会話を楽しんだり、独りじっくりとコーヒーと向き合う時間を過ごすアイデアにしてほしい。

詳細情報
By Mari Hiratsuka

東京、秋のフードイベント2016

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、それぞれに秋の楽しみ方はあるが実り多きこの季節、やはり数々の美味しい食べ物に食欲をかきたてられる人は多いのではないだろうか。ここでは「東京で開催されるフードイベント」と「この季節にしか味わえない期間限定メニュー」に分け、食欲の秋真っ盛りな人にぴったりなイベントやスイーツなどを紹介する。人気のラーメンを食べ歩くもよし、のんべい横丁デビューを果たすもよし、はたまた栗やかぼちゃなど秋の味覚たっぷりのスイーツを頬張るもよし。たらふく食べて冬の寒さに備えよう。

詳細情報
By Time Out Tokyo Editors

ネイルアートは公園で、つめをぬるひとに会いに行く

周りの女性の手元が華やかになった、そう感じている人は多いのではないだろうか。無職宣言とも受け取れる長い鉤爪を生やしていたギャルたちはとっくの昔に鳴りを潜め、昨今の女性たちの爪を彩るのはジェルネイルやフレンチネイル、ネイルシールなど多種多様なネイルアートだ。1ヶ月に1回ほどのペースでネイルサロンに通い、好みのデザインに付け替える。東京にネイルアーティストはごまんといるだろうが、「爪作家」を名乗る人はそういないだろう。今回タイムアウト東京がインタビューしたのは、公園やイベントなどで活動する、「つめをぬるひと」だ。そのキャッチーで明快なアーティストネームを聞けば、彼女がただのネイルアーティストでないことは想像するに難しくないだろう。    ゆらゆら帝国『空洞です』の爪   アルバムのジャケットや、かき氷、文字など、たった2cm足らずの爪をキャンバスに見立て、自在に絵を描いていく。その器用さは彼女の『twitter』や『instagram』で確認してほしい。そもそも彼女が爪作家として活動を始めたのは2年ほど前。美術系の大学に進んだわけでもなく、最初の就職先は食品系だった。もちろんネイルアートは禁止。その反動か、ネイルが自由な職場に移ってからその楽しさにはまっていった。最初は友人の、しばらくすると公園などで活動を始め、現在は2ヶ月に1度、多いときは1ヶ月に1回のペースで爪塗りイベントを行っている(冬季はなし)。筆者もその評判を聞きつけ、多くの人で賑わう井之頭公園の片隅で密やかに行われたイベントに参加してきた。       公園入り口の焼き鳥屋、いせやの前で待ち合わせし、案内されたのはベンチの前に広げられた1畳ほどの布の上。ここがつめをぬるひとの即席ネイルサロンというわけだ。靴を脱いで座ると、すぐに施術が始まった。デザインはあらかじめリクエストすることができ、筆者は「秋らしい幾何学模様」を、友人は「パン」をお願いした。仕上がりは以下の通りだ。 動物や文字、食べ物など、リクエストは様々。参加者は女性だけでなく、足の爪に施してほしいという男性もいたという。また、週1回のペースでライブストリーミングチャンネル、『DOMMUNE』のイベントのビラを描いた爪を『twitter』に投稿しているため、最近は音楽系の注文も増えてきたそうだ。値段は指10本で2000円から。2人で1時間足らずで完成するので、友人を誘って一緒に参加するのもいいだろう。10月1日(土)に上野の宋雲寺で開催されるTera de Marcheに参加するので、気になる人はぜひ足を運んでみては。 つめをぬるひとの詳しい情報はこちら   タイムアウト仕様の爪も作ってくれた       『ZIMA』 仕様の爪              

詳細情報
By Satomi Saruwatari
Advertising

コメント

0 comments