第2弾 各国のゲストにフエルサブルータの感想を聞いてみた

ギリシャやミクロネシア、スペインからのゲストにショーについて感じたことを聞いてみた
作成者: Kaila Imada |
Advertising

In association with WA !日本公演製作委員会

2017年8月1日からスタートしたフエルサブルータの公演は、独自のパフォーマンスで毎日観客を湧かせている。日本オリジナルの新作となる『WA ! –Wonder Japan Experience』は爆発するような楽しさで溢れ、監督兼クリエイターのディキ・ジェイムズ独自の視点から観た日本的な要素が盛り込まれたショーを期待してほしい。公演に訪れる観客は訪日外国人客から東京に住む人まで様々。タイムアウト東京では、ギリシャやミクロネシア、スペインからのゲストにショーについて感じたことを聞いてみた。

Camera

フエルサブルータの新作公演『WA ! –Wonder Japan Experience』についてどう思いましたか。

エイリニ・カマ(ギリシャ)

素晴らしい体験でした。日本の魅力や精神、技術が上手に組み合わされているショーです。使われていた太鼓や日本の仮面がショーの中で特別な役割を果たしていました。

Camera

ショーを観るのは初めてでしたか。

エヴァ・マーティン(スペイン)

はい、初めてでした。日本の現在と過去の美学、音楽や伝統を組み合わせた、とても独特なショーになっていました。

ローザ・マーティン(スペイン観光局)

はい。テクノスタイルの音楽がとても楽しかったです。選曲が良く、振り付けに合っており、立ち上がってショーに参加したくなるぐらいでした。

Advertising
Camera

パフォーマンスのどのパートが特に面白い、またはユニークだと思いましたか。

ジョン・フリッツ(ミクロネシア)

ショーの最中に流れていた、日本の太鼓と尺八を組み合わせた音楽をとても楽しみました。侍の衣装に身を包んだ役者たちが、エネルギッシュに走っていたシーンはとても印象深いです。

エヴァ・マーティン(スペイン)

役者たちが透明なプールで演技をしていた場面が気に入っています。水遊びを楽しんでいる役者を下から眺めるのはとてもユニークな光景でしたし、自分自身も水遊びをしているかのように感じました。

ヴィクトリア・バレロ(スペイン)

ショーのすべてがユニークでした。観客が中心になったかのような劇場で、間近でパフォーマンスを楽しむことができます。特に興味深かったのは役者が舞台壁を登り、円を作りながら集団で落ちていく場面です。ダンサーが移動する台で固定された状態で回ったり、踊ったり、移動したりする様子は驚くべきものでした。

Camera

ショーを再び見たいですか。友人にすすめたいですか。

ディオニシス・プロトパパス(ギリシャ)

ユニークな体験ができました。芸術と技術の組み合わせは見事としか言いようがありません。今までに観たことがないショーでした。また見たいと思いますし、友人にもすすめたいと思います。

ヴィクトリア・バレロ(スペイン)

ええ!次のショーをたいと思いますし、すでにショーを友人たちにすすめています。

Advertising
This page was migrated to our new look automatically. Let us know if anything looks off at feedback@timeout.com