Spectre スペクター

映画, アクション&冒険
3 5 つ星中
Spectre スペクター

映画『スカイフォール』でチームを組んだ監督サム・メンデスとダニエル・クレイグは、ジェイムズ・ボンドを再びドライブに連れて行き、その結果は雑だが楽しいものとなった。

ダニエル・クレイグは今作『スペクター』がボンド役を演じる最後の映画かと聞かれると、口を滑らせたり慎重だったりしたが、内容から察するに、最後の作品になりそうだ。今作は、彼がボンドに扮した過去3作品の素晴らしい面、それほどでもない面をエキサイティングで、華やかにまとめ、そして少々長すぎる作品に仕上がっていた。


物語は「死者の日」のメキシコシティにいるボンドから始まる。仮面を被った群衆への突入、予期せぬ爆発、ヘリコプターの急襲シーン(これらのシーンは、ポップコーンで私たちを窒息させるのに最適だ)。そしてロンドンに帰ると、悪いニュースが待っている。M16の「00」プログラムが気味の悪い監視役エージェントC(アンドリュー・スコット)の陰謀に脅かされ、M(レイフ・ファインズ)やQ(ベン・ウィショー)、ボンドら老兵は廃棄寸前の状態に。もちろん、それ位のことでボンドは止まらない。オーベル・ハウザークリストフ・ヴァルツ)なる怪し気な男に操られる、刺客やテロリストなどのグループの跡を追い、ローマ、オーストリア、北アフリカなどを疾走するのだ。

ここまではとても滑かで魔法にかけられたかのように進む。サム・メンデス監督はすべてを完璧にコントロールし、クレイグの殴られたブルドッグのような魅力は満開、さらに一流撮影監督ホイテ・ヴァン・ホイテマのヴィジュアルは豊かでうっとりとさせられる。だが、レア・セドゥ扮するクールだがあまり良く書けていないキャラクター、マデリーン・スワンの登場と「慰めの報酬」のクライマックスを不愉快にも(おそらく非意図的に)彷彿させるサハラ砂漠でのアクションとの間のどこかで、アストンマーチンの車輪がガラガラと音をたてながら外れ始める。

1つの大きな問題は飽きれるほど説得力のない悪役だ。脚本は『スカイフォール」のようにボンドと敵との関係を簡単に説明しようとするが、それによって悪役は、ヴァルツの最善の努力にも関わらず、より怖くなるというよりおかしくなってしまった。実はこのことは今作を通して言えることだ。あまりに多くのことをやろうとし過ぎて、焦点がブレているのだ。後半になると感情の不在が更に明確になり、映画は次々とアクションを見せつけ、観客に物語への感情移入を要求しないばかりか、時として物語を理解することすら要求しない。

最終的に、バランスは取れていないが、面白いともつまらないとも言えない、古風で栄光に満ちた映画であった。今作でクレイグがタキシードとお別れすることになれば、彼はうるさい爆音の連続とともに去って行くことになる。
 
2015年12月4日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
 


 
テキスト:TOM HUDDLESTON

 (C)2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved

 

掲載日

リリースの詳細

出演者と制作者

監督 Sam Mendes
脚本 John Logan, Neal Purvis, Robert Wade, Jez Butterworth
出演 Daniel Craig
Christoph Waltz
Léa Seydoux
Monica Bellucci
Dave Bautista
Ben Whishaw
Andrew Scott
Ralph Fiennes
Rory Kinnear
LiveReviews|0
1 person listening