百円の恋

映画, ドラマ
0 Love It
保存する
百円の恋

自分自身が負の状態になっている時にそこから抜け出して、勝ちたいと思ったことはないだろうか。それ相応のきっかけがなければ、強く変わりたいとは思わないだろうが、この作品では自堕落的に生きる女が1人のボクサーとの出会いをきっかけに強く美しく成長する姿を描く。

実家でひきこもり生活をしている32歳の一子(安藤サクラ)は、妹との激しい喧嘩により家を出て一人暮らしを始めることに。稼ぐことが必要となった一子は100円ショップの深夜のシフトで働きだす。廃棄弁当を漁りにくる電波系のおばさん、苛つく程に話の止まらない同僚、ちょっと病んでいる店長など、どうしようもない人々に囲まれながらの新生活を送る。そんなある日、帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習するボクサー狩野(新井浩文)と出会い、2人は恋に落ちる。しかし、ささやかな幸せの日々は長くは続かず、うまくいかない日々の中で、衝動的にボクシングを始めるのであった。

劇中で一子はひきこもりからタフな女性へと変化していくのだが、その変貌ぶりは大変見応えがあった。はじめはひきこもり生活をしている設定なので、お腹から肉がはみ出ただらしない身体をしている。しかし、狩野との出会いにより服装に気を使いだし、その後ボクシングに没頭していく際には腹筋の割れた身体となっていく。そして、身体だけではなく顔つきまでも変わっていきどんどん美しくなっていく一子の姿に、人間の強さを感じられるのだ。

試合のシーンでは、「勝ちたい」という気持ちにあふれた一子の精神状態や、コーチとのやりとりに心を揺さぶられるだろう。脚本完成から4年の歳月をかけて映像化した『百円の恋』は、素晴らしいキャストに恵まれた作品であった。何かに熱中したいことが見つかるきっかけになるかもしれない。

Mari Hiratsuka

掲載日

リリースの詳細

上映時間 113 分

出演者と制作者

LiveReviews|0
NaN people listening