午後3時の女たち

映画, ドラマ
0 Love It
保存する
午後3時の女たち

上流中産階級の地位によって存在の危機が誘発されることが多ければ、たった1つ解決策がある。住む場所を失い困っているストリッパーに部屋を貸すことだ。

子どもにも恵まれた主婦レイチェル(キャスリン・ハーン)は押しつぶされる欲望とセックスレスの結婚生活に悩みを抱えながら、心理カウンセリングに通っていた。この空回りした郊外居住者の主人公を再び覚醒させたのは、夫婦で揃って出かけた地元のストリップクラブで出会ったストリッパー、マッケナ(ジュノー・テンプル)だった。彼女は自由奔放なライフスタイルへと導く禅の指導者のように振る舞い、そこには共生する関係が生まれていく。マッケナを家に住まわせることにしたレイチェルは、彼女が娼婦として一見贅沢な生活を送る日々を垣間見ることとなる。

TVドラマシリーズ『シックス・フィート・アンダー』で脚本、製作を手がけたジル・ソロウェイの初監督作にあたる本作。主演のキャスリン・ハーンが見せる自虐的なユーモアが、白い柵に囲まれた家で暮らす、典型的で幸せな家庭に流れる哀歌に本質を与え、そこに影を落とすことで作品を高めている。キャスリンの日常の停滞を演じる演技によって、魅力のないアプリ開発者の夫(ジョシュ・ラドナー)と生活するということはパニック発作を招くという事実を受け入れることができるのだ。ジュノー・テンプルはそれほど幸運ではないかもしれない。この非常に痩せた女優は、人生の教訓となる駒から物事を別の面から見る具体的な感情までを表現するのに行き詰まっているからだ。ジル・ソロウェイ監督は、笑いだけではなく感情的な洞察を表現できるユーモアのある女優たちを発掘したが、キャスリン・ハーンが存在を際立たせている。彼女こそ、心から熟考を表現できる女優だ。

 

2015年11月7日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

 

テキスト:MATT PATCHES

翻訳:小山留美 

©2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

掲載日

リリースの詳細

出演者と制作者

監督 Jill Soloway
脚本 Jill Soloway
出演 Kathryn Hahn
Juno Temple
Josh Radnor
Jane Lynch
LiveReviews|0
1 person listening