ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲

映画, ドラマ
4 5 つ星中
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲

ハリウッドの伝説によると、1929年にジャーマンシェパードの「リン・ティン・ティン」が最多得票を獲得して以来、アカデミー主演男優賞を動物に与えることは禁止されている。双子の雑種犬ルーク&ボディという俳優犬のアル・パチーノが主演するハンガリーの迫力に満ちたドラマ映画である本作を見れば、それもそこまで馬鹿げた話のようには思わないだろう。 

2匹が交代で演じるのは、ブダペストに住む父親のもとで夏を過ごすために預けられる13才のおてんばな娘リリ(ジョーフィア・ブショッタ)が飼う4つ足の親友ハーゲン役だ。犬が煩わしくてしょうがない父親は、雑種犬の飼い主に新しく課された重い税を払うより、哀れにもハーゲンを交通量の多い道路に置き去りにすることを選ぶ。その後『名犬ラッシー』のような冒険が展開されるのだが、ハーゲンは狡猾な闘犬家の手中に渡ってしまう。ひどく殴られ、歯を鋭く尖った牙に磨き上げられ、従順な大型犬を殺人マシーンへと変身させる訓練をさせられる(動物愛好家は目を覆おう)。しかし、ハーゲンは人間に対して噛み返す。獰猛な野犬の群れを率いて、迫害者である人類への反乱を引き起こすのだ。

もし本作がそこまで残虐でなければ、「虐げられてきた犬がいかにして立ち上がるか」というメタファーの単純さは若い観客に有効だろう。また、犬の演技に引き付けられ、観客がすぐに立ち去ることはない。顔を舐める可愛らしい犬から、血を求めて吠えながら牙を剥き出しにする殺人犬まで、ありとあらゆる感情をルーク&ボディの表情に持たせるコーネル・ムンドルッツォ監督の描き方が実に素晴らしい。

2015年11月21日(土)より新宿シネマ カリテヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
 
 
テキスト:CATH CLARKE

翻訳:小山留美 

 

2014©Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney

配給:シンカ

掲載日

リリースの詳細

出演者と制作者

監督
Kornél Mundruczó
脚本
Kornél Mundruczó, Viktória Petrányi, Kata Wéber
出演
Zsófia Psotta
Sándor Zsótér
Lili Horváth
LiveReviews|0
1 person listening