ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

映画, ドキュメンタリー
3 5 つ星中
ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣

タトゥーを纏ったバレエ界きっての異端児、セルゲイ・ポルーニンの素顔に迫ったドキュメンタリー映画

セルゲイ・ポルーニン(Sergei Polunin)の踊る姿は、重力から解き放たれたかのようで、観客を別世界へと誘う。しかし彼は、「バレエを選んだわけではなく、これが自分なんだ」と語る。バレエ界きっての異端児の素顔に迫ったドキュメンタリー映画『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』は、ポルーニンの葛藤が中心に映し出された、重々しくありながらも感動的な作品だ。

ポルーニンは、全身に施したタトゥーや、パーティー三昧の日々、ドラッグの使用、イギリスのロイヤル・バレエ団で史上最年少のプリンシパルとなった後に電撃退団するなど物議を醸した人物。本作では、ニュースの見出しになった過去を深く掘り下げ、問題児とされた男の真の姿に迫っている。本人や友人、家族によって撮影されたザラついた画質の映像の数々や、関係者のインタビューを繋ぎ合わせ、世界的な人気バレエダンサーになるまでの残酷とも言える経緯が映し出される。

彼の家族は、バレエこそ母国ウクライナから羽ばたく道を開くと考え、経済的にサポートするために離れ離れになって世界各地に出稼ぎに出る。しかし、笑顔で楽しく踊っていた天才バレエダンサーは、ロンドンで孤独な特訓を続ける10代の問題児となり、呪縛に囚われながら荒廃した人生を送るひねくれた20代の男へと変化を遂げる。大人へと成長したポルーニンだが、かつて彼は成功を味わい、舞台から去っている。それは彼のために犠牲を払った家族が永久的に崩壊したことがきっかけであり、ただ「普通の人生」が欲しかったからだ。

本作では、歌手ホージアのグラミー賞ノミネート曲『Take Me To Church』に合わせて、ポルーニンがもだえ苦しみながら激情に満ち溢れたダンスを踊る姿を映し出す。このミュージックビデオはネット上で話題になったが、彼にとって最後のパフォーマンスになるはずであった。しかし結局そうはならなかった。それはつまり彼の苦悩は終わらないということでもある。

原文:ELLIE WALKER-ARNOTT

翻訳:小山瑠美

2017年7月15日(土)Bunkamuraル・シネマ、新宿武蔵野館ほかにて公開

掲載日

リリースの詳細

出演者と制作者

監督
Steven Cantor
LiveReviews|0
1 person listening