ジーサンズ はじめての強盗

映画, お笑い・漫才
3 5 つ星中
ジーサンズ はじめての強盗

3人の「ジーサン」たちが銀行強盗を働く愉快なクライムムービー

マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、アラン・アーキンら、トリプルパンチ級のベテラン俳優たちが、ブルックリンを舞台にした強盗映画に主演。本作は、1979年に製作されたジョージ・バーンズ主演の映画『お達者コメディ/シルバー・ギャング』のリメイクだ。ストーリーの粗雑さと活力のなさを感じるが、気晴らしするのにちょうどいい魅力的な作品に仕上がっている。

3人が演じるのは、リタイア後の生活に翻弄されることに嫌気が差した高齢のトリオ。ケインが演じるジョーが銀行強盗をしないかと2人に持ちかけ、ウィリアムズバーグ貯蓄銀行に強盗に入ることに決める。物語の大部分で彼らが計画を練り、特訓を重ね、完璧なアリバイを作る様子が描かれるが、映画『終わりで始まりの4日間』を手がけた監督のザック・ブラフは、奇妙な回り道をしながら深くは掘り下げずに、彼らの家族、あるいはロマンチックな人生まで映し出していた。

映画『ドリーム:私たちのアポロ計画』を手がけたセオドア・メルフィによる脚本は、伝統的産業(3人とも元製鋼所工員だ)における締め付けや、高齢者への財政援助と家族支援の破綻について描写することで、現代社会の経済の行き詰まりについて軽く触れている。このような現実的なシーンは内容が薄く、心をくすぐることはなかった。それは映画全体にも言えることで、たとえば万引きや高齢者用の電動カートでの追跡劇などの場面もそこまで面白くない。しかし筋書きについて考えすぎてはいけない。3人の名優たちは観客が彼らに求めるものをしっかりと届けている。それ以上でもなく、目新しくもないが彼らの親密性が奇妙な心地良さを生んでいた。

原文:DAVE CALHOUN
翻訳:小山瑠美

2017年6月24日(土)新宿ピカデリーほかにて公開

掲載日

リリースの詳細

出演者と制作者

監督 Zach Braff
出演 Joey King
Morgan Freeman
Michael Caine
Alan Arkin
Ann-Margret