ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女

映画, ホラー映画
4 5 つ星中
ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女

イランのテヘランを舞台にしたヴァンパイアの映画は、デヴィッド・リンチや、ジム・ジャームッシュファンも楽しめる作品だ。

映画『トワイライト〜初恋〜』を経て、映画に登場する吸血鬼はゴスなイメージになりつつある。ジム・ジャームッシュ監督が手がけた映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』に続いて、アナ・リリ・アミリプールは初監督作『ザ・ヴァンパイア 〜残酷な牙を持つ少女〜』を完成させた。彼女はロサンゼルスを拠点に活動する映画監督だが、今作にはデヴィッド・リンチの影響、マカロニウェスタン、男女間の政治闘争の要素が詰まっている。

物語の舞台は、奇妙な人々ばかりが住みついている「バッド シティ」と呼ばれる、ある種オルタナティブなテヘランの町だ。主に描かれるのは、父親の借金を受け継いだヒップスターのアラシュ(アラシュ・マランディ)と、本作のタイトルにもなっている残酷な牙を持つ少女(シェイラ・ヴァンド)が古風な感じで惹かれ合う関係だ。暗い色の唇をした少女は、その歯で噛みつく衝動を抑制するためには十分なほど孤独だった。プロットに見られる無気力さを、作品のスタイルが温め上げている。全体的に見ると、不気味なホラーと80年代ポップの融合によって陶酔感漂わせる仕上がりになっており、観客を引き付けることに成功している。

原文へ

『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』公式サイトはこちら

掲載日

リリースの詳細

出演者と制作者

監督 Ana Lily Amirpour
脚本 Ana Lily Amirpour
出演 Sheila Vand
Arash Marandi
Marshall Manesh
Reza Sixo Safai
LiveReviews|0
1 person listening