音楽家 半野喜弘 皮膚感覚で捉える映画音楽の気配

映画, ドラマ
音楽家 半野喜弘 皮膚感覚で捉える映画音楽の気配
(C)「雨にゆれる女」members

パリを拠点に、音楽家として幅広く世界で活躍し、ホウ・シャオシェン、ジャ・ジャンクー監督らの映画音楽などを手がけてきた半野喜弘。2016年には、初監督作品『雨にゆれる女』を発表した。本作は、音楽家である半野が映画という新たな表現に向き合い、産み出した渾身の一作である。今回の特集上映では『雨にゆれる女』と、音楽を担当した『聖の青春』が上映される。

関連記事
インタビュー:半野喜弘

 

掲載日

イベントのウェブサイト http://www.ttcg.jp/cineka_omori/topics/detail/51892
LiveReviews|0
1 person listening