AS Classics Diner(エーエス クラシックス ダイナー)

レストラン, ハンバーガー 目黒
AS Classics Diner
1/3
AS Classics Diner
2/3
AS Classics Diner
3/3

ステレオからはビーチボーイズが流れ、満面の笑みのスタッフたちは野球キャップをかぶり、ヴィンテージのコカコーラマシーンが店のあちこちに置かれている。『ミラービール』のネオンサインにルイジアナとカリフォルニアの錆びたナンバープレート、古いアメリカのガススタンドのモノクロ写真も飾られている。この店が都立大学駅の半径1マイル圏内で最も1960年代のアメリカに近い場所だ、と言って差しつかえないだろう。オーナーの水上誠二は、前職で度々訪れたアメリカのダイナーに魅せられ、2005年にAS Classics Dinerをオープンした。メニューにはアメリカから輸入した『ブルックリンラガー』や『A&W』のルートビアに加え、恐ろしく濃厚なミルクシェーキ、甘いもの好きのためのアップルパイやパンプキンパイなどが並ぶ。食事メニューも、クラムチャウダーやコブサラダ、ミートローフといった典型的なアメリカのダイナー料理はもちろん、タコスやブリトーといったメキシカンまで味わえる充実ぶりだ。「ハンバーガーを食べなくても食べるものはたくさんある」と水上は笑う。

予想はつくと思うが、ほとんどの客は巨大なバーガーを目当てにここへやってくる。ナイフやフォークを使って食べるのはアメリカっぽくないかもしれないが、ここのバーガーは、ぐちゃぐちゃにせずに手で持って食べられるような大きさではないのだ。いろいろなエキストラトッピングも頼めるが、上質なビーフの味を楽しむにはシンプルなままが一番だ。トマト、オニオン、ソースの入ったベーコンチーズバーガーはずっしりと重みがあり、大きい。バーガーには欠かせないフレンチフライは別に注文しなければならず、またポテトウェッジなので好みが分かれるところだろう。しかし、美味しいバーガーが1,200円前後のお手頃価格で楽しめ、本場アメリカの雰囲気にどっぷりつかれるのだから、文句を言うつもりはまったくない。

 

関連記事
東京、ベストハンバーガー20選

関連記事

掲載日

ヴェニュー名 AS Classics Diner(エーエス クラシックス ダイナー)
問い合わせ
住所 東京都目黒区八雲5-9-22 オリオン駒沢ビル1階
東京

営業時間 9時00分~23時00分/定休日は火曜(祝日の場合は翌日)
アクセス 東京メトロ田園都市線『駒澤大学』駅 徒歩10分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
NaN people listening