ギョウザバー コムアパリ(GYOZA BAR Comme a Paris)

レストラン, フュージョン 渋谷
2 Love It
保存する
GYOZA BAR Comme a Paris
1/4
GYOZA BAR Comme a Paris
2/4
GYOZA BAR Comme a Paris
3/4
GYOZA BAR Comme a Paris
4/4

青山にあるギョウザバー コムアパリ(GYOZA BAR Comme a Paris)は、とても餃子が食べられるとは思えない店構えだ――ただひとつ店先に餃子型のネオンが輝く以外は。外苑前でフレンチと和食のフュージョンレストラン鳴神を営む鳴神正量。パリを訪れた際に、日本式の餃子を提供する「餃子バー」に出会い、日本でも受けるのではないかとオープンした。

ニンニクがたっぷり入った餃子を頬張り、その後味を切るようにビールを流し込み、また餃子を頬張り・・・というのは日本における王道の食べ方と言えるだろう。もちろんそれは幸福な反復運動であるのだが、同店ではワインに合う餃子を実現するべく、ニンニクを使用しないという決断に踏み切った。

メインとなるのは『肉ギョウザ』と『野菜ギョウザ』。どちらにも肉と野菜は入っているが、割合を入れ替えることにより、肉肉しさとジューシーさを強調している。トッピングにパクチー、みょうがなどをたっぷり乗せたメニューも用意されている。フレンチらしく餃子とともに供される3種類の自家製ソースはどれも魅力的だ。ショウガがきりっと効いたトマトソースにはニンニクも入っているので、ビール餃子党にも嬉しい。ハーブソースは白味噌とビネガーベースで新鮮ながらくせになること請け合いだし、黒ごまスパイスを効かせた黒ラー油ソースは辛党の心もつかむことだろう。

メニューには『オニオングラタンギョウザ』という、フレンチと餃子の融合をなんとも明快に体現したメニューもある。見た目はそのままオニオングラタンスープだが、スプーンを沈めると中から水餃子が現れるボリューミーな一品。

種類豊富なボトルワインはもちろん、グラスワインも 、赤、白、スパークリングがそれぞれ2種類ずつ用意されているので、料理に合わせて楽しんでほしい。

掲載日

ヴェニュー名 ギョウザバー コムアパリ(GYOZA BAR Comme a Paris)
問い合わせ
住所 東京都渋谷区渋谷2-2-4 青山アルコープ 205
東京

営業時間 16時00分〜23時45分(L.O.23時30分)/日曜は定休日
アクセス 東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線『表参道』駅(B1出口) 徒歩6分/『渋谷』駅 徒歩10分

You may be interested in: