茶ノ木神社

ミュージアム 人形町

水天宮前の交差点を少し路地裏に入った場所にひっそりと佇む神社。下総佐倉城主の中屋敷の守護神とされたことが始まりと伝えられる。当時、神社の周辺に植えられた茶の木が立派に生い茂っていたことがその名の由来だ。地元の人からは「お茶ノ木様」と呼ばれて親しまれていた。日本橋七福神の布袋尊を祭っており、福徳円満のご利益がある。神社周辺で火災が無かったことから、火伏せの神としても信仰を集めている。

掲載日

ヴェニュー名 茶ノ木神社
住所 東京都中央区日本橋人形町1-12-10
東京

アクセス 東京メトロ日比谷線、都営浅草線『人形町』駅(A2出口)徒歩2分、東京メトロ半蔵門線『水天宮前』駅(6番出口)徒歩1分
Static map showing venue location