アップデイトダンスNo.50「ビグマリオンー人形愛」

ダンス
0 Love It
保存する
アップデイトダンスNo.50「ビグマリオンー人形愛」

ダンスシーンにおいて孤高の魅力を発し続ける勅使川原三郎が率いるKARASの持つスペース、カラス アパラタス(KARAS APPARATUS)にて上演される『アップデイトダンス』シリーズ。同シリーズは、勅使川原の芸術的精神に基づき、呼吸と同じように休むことなく日々更新されていく生き生きとしたダンスを、間近で観ることのできる画期的な試みの公演だ。2018年最初の作品は、『ピグマリオン-人形愛』。「ピグマリオン」とは言うまでもなく、ギリシャ神話に登場する、彫刻に恋焦がれる王のことだが、ジョージ・バーナード・ショー(George Bernard Shaw)による戯曲や、人形偏愛症を意味する心理学用語にその名を残している。ヴィリエ・ド・リラダン(Villiers de l'Isle-Adam)のSF小説『未来のイヴ』をはじめ、多くの芸術作品に影響を与えた魅力あるテーマを、勅使川原がどのように仕上げるのか大いに期待してほしい。

関連記事
アーティストが場を持つということ

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening