OPENING CEREMONY JAPAN 3rd Anniversary "the journal exhibition"

ショッピング
OPENING CEREMONY JAPAN 3rd Anniversary "the journal exhibition"

OPENING CEREMONY SHIBUYA 5階、『A WALK IN THE PARK』での「TOKYO CULTURAL NETWORK PROJECT」第2弾イベントは、ニューヨークのアート・カルチャーマガジン『the journal』のexhibitionを開催。

プロボーダーへの道を歩んでいたMichael Nevin(マイケル・ネヴィン)が、19歳の時に作った、友人達を中心としたスケートボーダー、スノーボーダーをドキュメントした白黒の簡素なzineが、『the journal』の始まりだった。そして、Mark Gonzales をゲスト・エディターに迎えたイシューが飛躍のきっかけとなり、モノクロからカラーに、そして現在160ページを超える本誌、ギャラリー『The Journal Gallery』のオープンと、ニューヨークのカルチャーシーンにおいて築き上げた影響力を伺い知ることができる。

本展では、『the journal』13年の歴史を全バックナンバーのオリジナル本を通して振り返り、また9月上旬発売の最新号 Issue 32のプレビュー、さらにOPENING CEREMONY JAPAN3周年を記念して、女優・菊地凛子をモデルに撮り下ろしたフォトストーリーの展示、そしてそのスペシャル・フォトブックが販売される。