ポコラート世界展「偶然と、必然と、」

アート
ポコラート世界展「偶然と、必然と、」
1/5
ポコラート世界展「偶然と、必然と、」
イマニュエル・マペウ《無題》 2015年  木材、塗料  ©collection abcd/Bruno Decharme
2/5
イマニュエル・マペウ《無題》 2015年 木材、塗料 ©collection abcd/Bruno Decharme
ユリア・クラウゼ=ハーダー《Juravenator》 2013年 ミクストメディア 51×40×104cm Foto: Atelier Goldstein
3/5
ユリア・クラウゼ=ハーダー《Juravenator》 2013年 ミクストメディア 51×40×104cm Foto: Atelier Goldstein
ヨーゼフ・ホーファー《無題》 2009年  鉛筆、色鉛筆、紙 44×60cm
4/5
ヨーゼフ・ホーファー《無題》 2009年 鉛筆、色鉛筆、紙 44×60cm
カルロス・ハビエル・ガルシア・ウエルゴ《無題》 1990年  フェルトペン、アクリル絵の具、段ボール 72.4×50cm photo:MIYAJIMA Kei
5/5
カルロス・ハビエル・ガルシア・ウエルゴ《無題》 1990年 フェルトペン、アクリル絵の具、段ボール 72.4×50cm photo:MIYAJIMA Kei

タイムアウトレビュー

日本の作家を含む、世界22カ国から集まった作家50人による展覧会が、アーツ千代田 3331で開催。本展は、芸術人類学を専門とするキュレーターが、約1年かけて世界23都市で独自にリサーチし、そこから選び抜いた約240点の作品をキュレーションする。

会場には、既存の価値観を超えた創作の数々が登場。ありとあらゆる人物に扮(ふん)し、ポートレートを撮影し続けてきたトマシュ・マフチンスキ、驚くほど緻密に描く表現が特徴の、アウトサイダーアートの分野で活躍するジョーシ・ワイドナーなど、日本初公開作家28人を含む35人の海外アーティストが参加する。

創造の熱量にあふれた作家の作品に、魂が揺さぶられるだろう。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://pocorart.3331.jp/world2021/
関連情報