MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方

アート
MOTアニュアル2011 Nearest Faraway|世界の深さのはかり方

1999年にスタートし、2011年の開催で11回目を迎えるグループ展シリーズ。主に、東京を中心にした新しい美術の成果を紹介する。今回は、日常的でシンプルな技法や素材、テーマを選択・継続することによって個々の作品世界を追求している作家に注目する。出品作家は、池内晶子、椛田ちひろ、木藤純子、関根直子、冨井大裕、八木良太の6人。



関連イベント
冨井大裕×近藤恵介 彫刻と絵画をめぐるワークショップ
2011年3月12日(土曜日) 14時00分から
会場 : 東京都現代美術館 講堂 定員30名 (事前申込制) 参加無料

八木良太×蓮沼執太 サウンドパフォーマンス
2011年4月2日(土曜日) 15時00分から
会場 : 東京都現代美術館 定員100名 (先着) 参加無料

*その他、出品アーティストによるアーティスト・トークや対談が予定されている。詳細は決まり次第、公式サイト(www.mot-art-museum.jp/)で発表される。



八木良太 《Sound sphere》/ 2010 / ミクストメディア



池内晶子 《Knotted Thread-Red》/ 2009 / 絹糸 / 撮影:橋本舞
[参考図版]