臨済禅師1150年・白隠禅師250年遠諱記念 特別展「禅―心をかたちに―」

アート
重要文化財 竹林猿猴図屛風 長谷川等伯筆 安土桃山時代 16世紀 京都・相国寺蔵 11%2F8~11%2F27展示
1/5
重要文化財 豊臣秀吉像 西笑承兌賛 狩野光信筆  安土桃山時代 慶長4年(1599) 愛知・宇和島伊達文化保存会蔵
2/5
重要文化財 竹林猿猴図屛風 長谷川等伯筆 安土桃山時代 1
3/5
E 唐物文琳茶入 銘「玉垣文琳」 中国・南宋時代 12~13世紀 埼玉・遠山記念館蔵 11/8~11/27展示
4/5
唐物文琳茶入 銘「玉垣文琳」 中国・南宋時代 12~13世紀 埼玉・遠山記念館蔵 11/8~11/27展示
重要文化財 夢窓疎石像 自賛 無等周位筆  南北朝時代 14世紀  京都・妙智院蔵  11%2F8~11%2F27展示
5/5

禅宗にまつわる仏像、仏画、工芸品などを集めた展覧会。臨済宗と黄檗宗の宗祖である臨済義玄と、日本臨済宗中興の祖、白隠慧鶴の遠諱を記念して開催される。今から1500年ほど前に菩提達磨によって開かれた禅宗は、中国から日本へ伝わり、様々な階層によって信仰されてきた。社会や文化に大きな影響を及ぼし、現在でもその思想は広く支持を集めている。同展覧会では、臨済宗と黄檗宗の本山末寺が所蔵する、禅の歴史や美術、文化を伝える名宝が数多く展示される。大胆な筆致と漫画のような絵で近年人気を集める禅僧白隠による、新たに発見された禅画は見逃せない。そのほか国宝に指定されている雪舟による『慧可断臂図』(愛知 齊年寺蔵 11/8~11/27展示)や、大巧如拙による『瓢鮎図』(京都 退蔵院蔵 11/8~11/27展示)など、日本における禅文化を伝える品を一度に見れるまたとない機会となるだろう。

掲載日

イベントのウェブサイト http://zen.exhn.jp/
LiveReviews|0
1 person listening