篠田桃紅 昔日の彼方に

アート
篠田桃紅 昔日の彼方に
1/3
篠田桃紅 昔日の彼方に
2/3
篠田桃紅 昔日の彼方に
3/3

1913年生まれ、104歳になった現在も精力的に活動を続ける作家、篠田桃紅の展覧会が菊池寛実記念 智美術館にて開催されている。書家として経歴をスタートさせた篠田は、「墨象」と呼ばれる前衛書道が登場する時代、既存の筆法や書風を超え墨線による抽象の可能性を追求し、国内外で高い評価を得た。抽象表現主義の花開く1950年代のニューヨークにも滞在し、数多くの個展を開催。ジャクソン・ポロックを世に知らしめたベティ パーソンズ ギャラリーでも、帰国後の1965年に初個展が実現した。近年では作品のみならず、随筆などの活動を通して、その生き方にも大きな注目が集まっている。本展では、書、抽象画、リトグラフなど旧作から最新作まで約50点が展観される。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening