田中 望 -場所と徴候-

アート 無料
田中 望 -場所と徴候-

『VOCA展2014』にて大賞を受賞した画家、田中望の個展。東北に生まれ、現在も東北を拠点に制作活動を行う田中は、民俗学的なアプローチで各地に伝わる文化や信仰、伝統芸能を取材し得られた成果を絵画として表現してきた。しかし、2015年の横浜美術館アートギャラリーでの個展などの都市部での展覧会を機に、「地方」だけでない、より普遍的な「場所」を描くため「考現学」的な方法論を取り入れ始めた。考現学とは、柳田国男に師事した今和次郎(こん わじろう)が、現代の都市風俗を考察するために提唱した学問のことだ。本展では、画家のこれまでにない視座の「都市」の作品や、新たなアプローチで描かれた作品が展示される。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening