歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~

アート
歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~
1/3
歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~
2/3
歌川国貞展~錦絵に見る江戸の粋な仲間たち~
3/3

19世紀前半に活躍した浮世絵師、歌川国貞(三代歌川豊国)の展覧会が、静嘉堂文庫美術館で開催されている。三菱財閥の岩崎家が所有していた古典籍や古美術を基礎として発足した同館の、貴重なコレクションが紹介されている。岩崎家が所蔵していた錦絵の特徴として、1枚1枚がばらばらになっているのではなく、折帖(おりちょう)形式に仕立てられている点が挙げられる。多色摺(ず)りの華やかさから名前が付いた錦絵だが、当時の顔料は光に弱く、現存する作品は退色しているものも多い。ほとんど光に当たることなく保存されていた同館の所蔵品は、その鮮やかさを今もなお保ち続けている。華麗な美人画や役者絵を得意とした国貞の錦絵を、贅沢なコンディションで堪能してほしい。

掲載日

イベントのウェブサイト http://www.seikado.or.jp/en/exhibition/next.html
LiveReviews|0
1 person listening