日本の伝統芸能展

0 Love It
保存する
桐座場内図 初代歌川豊国画江戸時代国立劇場蔵
1/4
文楽人形 初菊現代国立文楽劇場蔵
2/4
舞楽面 陵王江戸時代熱田神宮蔵
3/4
重要文化財 能面 翁 伝春日 作室町時代三井記念美術館蔵
4/4

三井記念館で開催される、国立劇場の開館50周年を記念した展覧会。同劇場は日本の伝統芸能の保存と振興を目的に設立された。展覧会では、伝統芸能には欠かすことのできない芸能具や美術工芸品を通して、日本人の美意識に迫る。「雅楽」「能楽」「文学」「歌舞伎」など、日本には多くの伝統芸能が存在し、それらは各時代、各分野ごとに発展してきた。仮面や衣装、またそれらが使用されている様子を描いた絵画は、その芸能の奥深さや歴史を今に伝える重要な作品だ。また琉球芸能や民俗芸能など、各地で発達した芸能文化もあわせて紹介され、日本の伝統芸能を幅広く学ぶことのできるまたとない機会だ。

関連記事
東京、11月のアートイベント10選

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening