山口晃展「室町バイブレーション」

アート 無料
山口晃展「室町バイブレーション」
室町バイブレーション(2016年個展DMのための原画) 2016 紙に鉛筆、ペン、水彩 28.8 x 19.2 cm ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery

大和絵風などと評される作家、山口晃の個展。長年日本絵画の様式や構造を学び、「型稽古」を続けることで先達の心持ちを会得し、現代の画材・画題を用いてその末流になることを試みてきた山口は、油絵具を使って日本の絵画のスタイルを継承した作品を産み出している。今回の個展では、「室町から明治以前の絵画と20世紀以降の現代美術の流れに共振性をみる」という観点で制作された作品が展示される。

 

 

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening