ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

アート, デザイン 無料
0 Love It
保存する
ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気
1/3
ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気
2/3
ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気
3/3

ポーランドを代表するグラフィックデザイナー、ロマン・チェシレヴィチ(Roman Cieślewicz)の仕事を紹介する展覧会が、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されている。ロシア構成主義とバウハウスに学び、1950年代にはヘンリク・トマシェフスキ(Henryk Tomaszewski)らとともにポーランドポスター芸術派として活躍したチェシレヴィチ。1960年代初期に渡仏すると、モンタージュの手法を用いた幻想的な世界観を確立させ、フランスのグラフィックデザインやアート領域に大きな影響を与えた。日本初となる本展では、ポズナン国立美術館の貴重な収蔵作品から厳選された、ポスターやコラージュ作品、雑誌などが展示されている。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening