ルリユール 書物への偏愛―テクストを変換するもの―

アート 無料
ルリユール 書物への偏愛―テクストを変換するもの―
1/4
羽田野麻吏 Mari HATANO
ルリユール 書物への偏愛―テクストを変換するもの―
2/4
市田文子 Fumiko ICHIDA
ルリユール 書物への偏愛―テクストを変換するもの―
3/4
平まどか Madoka TAIRA
ルリユール 書物への偏愛―テクストを変換するもの―
4/4
中村美奈子 Minako NAKAMURA「文鎮」

造本作家グループLes fragments de Mによる展覧会。羽田野麻吏、市田文子、平まどか、中村美奈子の3人の製本家と1人の箔押し師が集まり、フランス語で「製本」を意味する「ルリユール」を、より身近なものとして慈しんでもらうことを願い、活動をしている。ルリユールとは、読書家、愛書家が自らの蔵書を製本家に依頼し山羊革や仔牛革などを使い装飾を施す、工芸としての製本の意味を持つ。本展ではルリユール作品約35点が展示される

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening