ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯

アート
ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯
1/3
ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯
2/3
ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯
3/3

パナソニック汐留ミュージアムで、ハンガリーのヘレンド村で作られた磁器を紹介する展覧会が開催されている。1826年に創設されたヘレンド窯は、ハンガリー国王も兼ねたハプスブルク家のオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の庇護(ひご)を受け、ハンガリーを代表する高級磁器窯としての位置を確立させる。とりわけ、1851年のロンドン万国博覧会において、大英帝国のヴィクトリア女王からディナーセットの注文を受けたことは、ヘレンドの名を世界中に知らしめるきっかけとなった。本展では、開窯初期の希少な逸品から現代の製品まで、優雅で華麗なヘレンドの190年余に及ぶ歴史をたどる。日本の伊万里を含む東洋の磁器に学んだ、ユーモラスなシノワズリーも一見の価値があるだろう。

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening