もの みる うごく AR美術館

アート
もの みる うごく AR美術館

毎年、夏に開催しているICCキッズ・プログラム。2013年は、AR(拡張現実)を使った、コンピューターや映像の最先端技術を体験できる展覧会を開催する。『Banner』や『セカイカメラ』などを開発したメディア作家、赤松正行と、AR技術のARARTプロジェクトを迎え、子どもだけでなく、大人も楽しめる、ARの驚きの世界を展開する。

イベントの電話番号 0120-144199
イベントのウェブサイト http://www.ntticc.or.jp
LiveReviews|0
1 person listening