7人組モンゴル・ロック・バンド、HANGGAIが帰って来る

0 Love It
保存する
7人組モンゴル・ロック・バンド、HANGGAIが帰って来る

北京でパンク・バンド、T9楽隊を率いていたイリチが生まれ故郷であるモンゴルの伝統音楽と出会い、ホーメイや馬琴頭を操ることができるメンバーと結成したバンド、HANGGAIの来日が決定した。イリチは一時ブラック・メタルのバンドを組んだり、もう1人のメンバー、イララタはヘヴィー・メタル・バンドにいたこともある。最初は民族楽器だけで演奏を始めてアコースティックなアルバム「Introducing Hanggai」をリリースし、その存在を世界に知らしめることになる。その後、少しずつロックに使用する楽器をプラスして行き今の形に到達。REMやニール・ヤングを手掛けたケン・ストロングフェローをプロデューサーにマーク・リーボウをゲストに迎え、伝統音楽とロックの自然な融合に成功し、モンゴルの大草原での雄大な風景をイメージさせる最新アルバム「He Who Travels Far(走的人)」をリリースした。

ゲストには2011年のAIR JAMにも出演したTURTLE ISLANDを迎える。日本的なお囃子、太鼓、トライバルビートでグルーブが重なった平成ランチキ爆音オーケストラから産み出されるカオスと熱狂のレヴォルーショナリーズはHANGGAIの原点であるパンクと通じる。

イベントのウェブサイト http://smash-jpn.com/band/2012/04_hanggai/index.php
LiveReviews|0
1 person listening