三大映画祭週間 2014

0 Love It
保存する
三大映画祭週間 2014

カンヌ、ベルリン、ヴェネツィア映画祭から選りすぐった、日本未公開の受賞作を一挙に上映する映画祭。ベルリン映画祭で、映画芸術に新たな視点をもたらした作品に与えられる賞である、アルフレッド・バウアー賞を受賞した『ヴィクとフロ、熊に会う』や、カンヌ映画祭で脚本賞を受賞した、父子の対立を描くイスラエルのヒューマンドラマ『フットノート』などが上映される。また、今年はレトロスペクティブシリーズとして過去の名作の上映も決定。パトリス・ルコント監督の『仕立て屋の恋』、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の『犯人は21番に住む』、ルイス・ブニュエル監督の『この庭に死す』などが本邦初HDにて上映される。ここでしか観られないものが揃う貴重な映画祭だ。

イベントのウェブサイト http://sandaifestival.jp