大恐竜展 in 丸の内 2012 ~福井県恐竜博物館コレクション~

ミュージアム
0 Love It
保存する
大恐竜展 in 丸の内 2012 ~福井県恐竜博物館コレクション~

恐竜年(たつどし)の2012年、世界3大恐竜博物館のひとつといわれる福井県恐竜博物館が東京丸の内にやってくる。

本展では、白亜紀前期最大の肉食恐竜といわれる全長約12mのアクロカントサウルス・アトケンシスの骨格や、首都圏初公開となる福井県で発見されたフクイサウルスの動刻など、普段見ることのできない貴重な標本が展示される。

丸ビル【マルキューブ会場】
マルキューブに巨大肉食恐竜が。白亜紀前期(1億4500万年前~9900万年前)最大の肉食恐竜といわれるアクロカントサウルス・アトケンシスが丸の内に突如出現。上空には、翼開長約7mの翼竜プテラノドンが空を舞う。

丸の内オアゾ【○○広場(おおひろば)会場】
全国の恐竜化石の大部分が発掘されている福井県では、国内で学名がついた4種の恐竜のうち3種が発見されている。そのうち、日本で初めて全身の復元が行われた恐竜フクイサウルスの動刻(首都圏初公開)など福井県から発掘された恐竜を中心に貴重な標本を展示。また、「恐竜の糞」化石や竜脚類の大腿骨化石を実際に触ることもできるコーナーも。

オリジナルエコバック特典スタンプラリー開催【各日限定200個】
期間中、2つの会場に設置されたスタンプラリー台をまわり、本催事のチラシ内スタンプスペースにスタンプを集めると、オリジナルエコバックがもらえる。

イベントのウェブサイト http://www.tokyo-event.jp/details/74463008.html