0 Love It
保存する

DMZツアー:国境と、その先まで

非武装地帯(DMZ)は、どのように訪れれば良いのだろうか

翻訳:小山 瑠美

国境へ行き、北朝鮮を覗く方法

※タイムアウトソウルの記事を転載

Viator半日ツアー

Viator「DMZ、過去と現在」ツアー

Viator「DMZ、過去と現在」ツアー

2月中はほぼ共同警備区域(JSA)が閉鎖されていたので、Viatorのウェブサイトから「Seoul City Tours」が催行している半日ツアーを選ぶことにした。「DMZ Past and Present(DMZ、過去と現在)」ツアーには、ホテルからのピックアップサービスと、イムジンガク(臨津閣)、自由の橋、第三トンネル、トラサン(都羅山)駅などへの観光が含まれている。自分が過去に参加したなかでも最大のツアーで、スタッフが全力をあげて47名の参加者に対応していた。すべてのツアーはガイドによって左右されるものだが、我々のガイドを務めたミッシェルはフレンドリーで英語も得意で、600回以上もツアーに同行している経験豊富な女性だった。彼女の説明は駆け足ではあったものの、困難を乗り越える能力と、充実したツアーを確実に提供したいという純粋な欲望を持っていて素晴らしかった。当日はトラチョンマンデ(都羅展望台)が閉鎖されていることが判明すると、彼女はすぐにオドゥサントンイルチョンマンデ(鳥頭山統一展望台)にルートを変えて案内し、そこが今回の旅のハイライトとなった(北朝鮮が建設したジメジメした第三トンネルが同じぐらい魅力的だと異論を唱える人も多いだろうが……)。北朝鮮からたった2km先の場所で双眼鏡を覗き、イムジン川(臨津江)の対岸にある北朝鮮を観察することができる。46ドル(約4,926円)以下で6時間半観光しながら北朝鮮について非常に多く発見できるツアーで、財布的にも嬉しいように感じる。参加者からのアドバイスとして、事前に少し調べていき、当日に多くの質問をするのがおすすめ。それから、歩きやすい靴を履いて、軽食とコーヒーを持って乗り込んだ方がいい(さもなければ、6時間半にわたって空腹に耐える覚悟をしておこう)。同ツアーは、中国語でも催行されている。

Viator「DMZ Past and Present」午前ツアー(ランチなし)、45.88ドル(約4,975円)

変わった方法で行く:韓国鉄道公社(Korail)「DMZ」ツアー

ソウル駅から、軍事分界線が設定される北緯38度線の最寄り駅であるトラサン(都羅山)駅まで、韓国鉄道公社(Korail)の電車が1日2本運行している。車窓からは北朝鮮近くに広がる手つかずの自然を見ることができて感動する。トラサン駅で数時間過ごす(トラチョンマンデ展望台や、第三トンネルを観光する)、またはイムジンガン駅で1時間ほど過ごす(イムジンガクを観光する)というオプションもある。

利用者からの評価

「サイケデリックな電車で、子ども向けテレビ番組のセットのように装飾されている。しかし、ツアーバスと違って、ビールを提供しており、車内で酒を飲める。車内の壁には韓国の鉄道の歴史を紹介する年表が貼られ、ほかの展示も行われている。スタッフが乗客にお気に入りのKポップのリクエストを聞いたり、各車両に設置されたハイビジョンテレビに乗客の画像を映し出すサービスがあり、子ども向けに展示品や写真を使ったゲームも用意されている。車窓には超高層マンションが立ち並び、望遠鏡で覗いたばかりの北朝鮮の集落との著しい相違を感じずにはいられない。韓国人が共同警備区域(JSA)への立ち入り許可を得るのは本当に難しく、このツアーは明らかに韓国人向きだ。韓国鉄道公社は専門の観光業者からその市場を獲得するための手段を持っていない。全体的には、電車で早く帰れて、料金を払う価値もある。ただ、共同警備区域を見たいのなら、他ツアーを調べなくてはならないかも」
ルーク・フィッチ(Luke Fitch)

人気のオプション:Koridoor「USO(米軍慰問団)」ツアー

非武装地帯を見る方法としては、「米軍慰問団(USO/United Service Organizations)」によるツアーが最も人気で評判が良い。多くのツアーにはピックアップサービスは含まれないが、米軍慰問団(USO)のガイドは興味深い視点で詳細まで説明してくれることで名高い。

Koridoor「DMZ/JSA and 3rd Tunnel Tour(DMZ/JSA、第三トンネル)」1日ツアー、96,000ウォン(約8,871円)

利用者からの評価

「韓国を訪れた外国人観光客が利用する非武装地帯の観光は日帰りツアーばかりで、私も過去に数回参加したことがある。典型的なツアーでは、北朝鮮が韓国に侵攻しようとして掘った地下トンネル、北朝鮮を一望できる場所や、イムジンガクを観光する。それも楽しいが、まるで遠足のように感じるかもしれない。Koridoorの『USO(米軍慰問団)』ツアーでは、より規制の厳しいエリアを訪れることができ、より興奮(と不安)を味わえる。駐屯地で報告をし、シャツに国連バッジを付け、共同警備区域で北朝鮮の兵士が双眼鏡を使って自分たちを監視しているのを見ることができる。国連の会談場で北朝鮮側に立って写真を撮影してもらうのは陳腐に感じるかもしれないが、皆やっていることなので気にすることはない」
ウィル・アーント(Will Arndt)

北朝鮮を見るツアーについてのコメント

韓国以外のパスポートを所有している人は、北朝鮮をツアーで観光することが可能だ(おそらく賢明ではないが)。たとえば、中国の北京を出発し、北朝鮮の一部を観光する「Koryo Tours」や「Uri Tours」などの様々なツアー会社がある。Koryo Toursによる、北朝鮮の南部を10日間でまわるツアーに参加したヨンナム大学(嶺南大学校)のスティーブ・スハイト(Steve Schuit)教授は、次のように所見を述べている。「北朝鮮を訪れて最も驚いたのは、故障してまったく機能していない物の数の多さだった。エレベーター、浴室の備品、トイレまで、幅広い範囲にわたっていた。首都では、かなり定期的に停電を経験した。観光客に有名なホテルに宿泊している間も、部屋ではトイレの便座はなく、シャワーは使用できず、温水は出なかった。また、我々が訪れた工場は、1955年から続くロシアの工場らしく、制御されていない見せかけのコンピューター室があった。それで工場を動かしているように見せていたが、実際にはコンピューターは機能していなかった」。

コメント

0 comments