Infinity Dub Session

0 Love It
保存する
Infinity Dub Session

1990年代初頭にベルリンでBasic Channelらがその潮流を生み出したミニマルダブに於ける現行のトップランナーDeadbeatが、伝説のグループRhythm & Soundのメインヴォーカリスト TikimanことPaul St Hilaireとともに来日。Basic Channelのメンバーらとのコラボレーションで、ミニマルサウンドとルーツレゲエスタイルのヴォーカルを融合させた画期的なサウンドを生み出したTikimanと、シーンの新星Deadbeatが共作アルバム『The Infinity Dub Sessions』を引っ提げてのパフォーマンスとなる。当日は、日本のダブステップオリジネイターGoth-Trad、BLACK SMOKER RECORDSからリリースされた『Collapsizm』が好評のMantis、才気溢れるサウンドクリエイターFumitake Tamura、クオリティーパーティーVetaを主宰するOkudaらが参戦する。

イベントのウェブサイト http://www.air-tokyo.com/schedule/1863.html